貸事務所や貸倉庫・分譲マンションの利用法|企業お助け便利サービス

ビル

分譲マンションの経費

マンションの管理費と修繕積立金について

オフィス

社宅として使用するため、分譲マンションを購入した場合、毎月一定の管理費と修繕積立金を支払っていくことが一般的です。会社が支払う管理費は、エレベーターや各種共用部分の維持管理などに使われます。管理している社宅に何らかの改善が必要となった場合、修繕積立金が利用できます。修繕積立金とは、将来の大規模修繕に備えてその費用を積み立てていくものです。会社側としては管理費や修繕積立金については安い方が魅力に感じるところですが、適切な金額でないと十分なマンション管理が行えず、結果として住んでいる社員から不平不満が現れる可能性もあります。せっかく働く社員を適切に管理しようにも、十分なマンション管理が行われていない場合、社員が社宅を利用してくれない場合があるのです。また、修繕積立金についても適切な金額を積み立てておかないと、修繕時に追加で大幅に一時金を集める必要が生じる可能性もあります。

マンション管理会社の比較について

マンション管理については、マンション管理会社に委託をすることが一般的ですが、その管理費用については請け負うマンション管理会社によって金額が異なることとなります。そのため、複数のマンション管理会社から見積もりを取って価格競争をさせることによって、管理費用を安く抑えることができます。ただ、管理費用が安くとも、マンション管理にかかるサービス内容が悪化しては意味がありません。費用と管理内容のバランスが取れた会社を選択することが重要です。修繕計画についても、将来にわたって妥当なものか、しっかりと検討してもらうことも重要です。マンション管理会社の見積もりを取るにあたっては、最近はインターネットの一括見積サイトを利用するという方法もあります。